“大小名”の読み方と例文
読み方割合
だいしょうみょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この秋に、京は紫野大徳寺で、故右大臣信長の、さかんな葬儀がいとなまれたので、諸国の大小名は、ぞくぞくと京都にのぼっていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何しろ江戸一の大祭なので、当日は往来を止めてりに通行を許さず、傍小路には矢来を結い、辻々には、大小名長柄や槍を出して厳重に警固する。
東海道や船路のほうは、ためにほとんど、官用の輸送や、建築用材の運搬や大小名の往来でいっぱいで、こういう女郎衆の行列などは不便をしのんで、中山道や甲州筋を選ぶほかなかった。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)