“ぢだんだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
地團駄33.3%
地団太16.7%
地團太16.7%
地圖太8.3%
地段駄8.3%
地鞱8.3%
地韜8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平次は、いつものことで、さして驚く樣子もありませんが、八五郎はそれをもどかしさうに、三和土たたきの上に地團駄ぢだんだを踏むのです。
平次は天井裏で地團駄ぢだんだを踏むばかりです。
お節が自分の肌に押当てゝ小さな足を温めてやつた時の子供の寝顔は、すこし前まで地団太ぢだんだ踏んで怒つたり戸を蹴つたりして激しく泣いた文ちやんと思はれないほどの愛らしさが有つた。
出発 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
彼は泣きも得ず只地団太ぢだんだを踏んで
今笑つて居る、直に復たぐづり出す、一度泣出したら地團太ぢだんだ踏むやら姉さん達に掻附くやら、容易には納まらないのが弟の方の子供です。
さけんで見渡みわたすと此時このとき第二だいに端艇たんていりた、第三だいさん端艇たんていりた、けれどその附近ふきん以前いぜんにも混雜こんざつで、わたくしはたゞ地團太ぢだんだむばかり。
「危ないよ、八。俺達まで川へ落ちたところで、物笑ひになるだけだ——尤も、俺も地圖太ぢだんだ踏みたいほど腹を立ててゐるよ。誰が死ぬかわからないやうな恐ろしい仕掛けをして、四十何人の人間を水の中へ落さうといふのは鬼のやうな量見だ」
同車どうしやひとかつたらぼく地段駄ぢだんだんだらう、帽子ばうしげつけたゞらう。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
小松原は立ったまま地鞱ぢだんだを踏んだが、
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
や、笑顔ゑがほおもふては、地韜ぢだんだんでこらへても小家こやへはられぬ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
青年わかもの半狂乱はんきやうらんていで、地韜ぢだんだんで歯噛はがみをした。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)