“半狂乱”のいろいろな読み方と例文
旧字:半狂亂
読み方割合
はんきょうらん66.7%
はんきやうらん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのはまるで半狂乱頭髪して階段しまろび、一懸命祈願するのでした。——
日下部老人は、もう半狂乱のていで、明智につめよりました。命よりもたいせつに思っていた宝物が夢のように一夜のうちに消えうせてしまったのですから、むりもないことです。
怪人二十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
かな、御身遠方から、近頃双六温泉へ、夫婦づれで湯治て、不図山道内儀行衛ひ、半狂乱してござる御仁かな。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
青年半狂乱で、地韜んで歯噛をした。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)