“半狂気”の読み方と例文
読み方割合
はんきちがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其後幾年って再び之を越えんとした時にも矢張ろしかったが、其時は酒の力をりて、半狂気になって、漸く此ろしい線を踏越した。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
また土耳古人のこういう半狂気に対する笑い方といったら、一種特別不思議でね、第一な鼻の鼻筋の、笑皺というものが、何とも言えない。五百羅漢の中にも似たらしい形はない。
より半狂気の酒乱のような女が、何を云うか判ったものでは無いが、彼女は自分の未来の妻たるべき冬子に対して、一種の根強い嫉妬心を懐いているのは事実らしく、加之も自分に対しても
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)