“せつな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セツナ
語句割合
刹那98.8%
切無0.2%
0.2%
切那0.2%
刹邪0.2%
殺那0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
壮大なこの場の自然の光景を背景に、この無心の熊さんを置いて見た刹那に自分の心に湧いた感じは筆にもかけずにも表わされぬ。
(新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
しかもその苦しさ切無さといったら、昨夜にも増して一層しい、その間も前夜より長くえ付けられて苦しんだがそれもやがて何事もなくったのだ
女の膝 (新字新仮名) / 小山内薫(著)
恐ろしさとにえかねて、跳起きようとしたが、一躰嘛痺れたようになって、起きる力も出ない、丁度十五分ばかりのというものは、この苦しい切無をつづけて
女の膝 (新字新仮名) / 小山内薫(著)
さにへられず、をもがいてひながら呼吸え/″\にした、つと、はずよろめいてうのへぶつかつたのである。
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
霧雨のなごり冷ややかに顔をかすめし時、一陣の風木立ちを過ぎて夕闇きし時、この切那われはこの姉妹の行く末のいかに浅ましきやをやかに見たる心地せり。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
火の風にれて家から家に移つて行く、人のそれを防ぎねて折々発する絶望の叫喚、自分はあの刹邪こそ確かに自然の姿に接したと思つた。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
ひょっとしたら鼻はちゃんとあるべき場所についているのかも知れないと思いながら、まず眼を細くして恐る恐るのぞいてみたが、その殺那
(新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)