“しんぱい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
心配96.7%
審配1.2%
神牌1.2%
配慮0.4%
鬼胎観念0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しろ西からない原中の一軒家一人ぼっちとりされたのですから、心細さも心細いし、だんだん心配になってきました。
安達が原 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
その時、将台の上に立って、の大勢をながめていた袁紹方の宿将審配は、いま曹軍の陣から、約三千ずつ二手にわかれて、味方の側面から挟撃してくるのを見て
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(はからずも、河内の一院で、楠公神牌を拝しました。それには贈三位左中将とございました)
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
軍艦種類ならば配慮するにはばないが——しや——しや——とはふと想起したはずも戰慄したよ。
から數分以前にかの本船右舷後方海上不思議にも難破信號げたとでせると配慮るのも無理はあるまい。
ところがその安心は要するに私の一時の喜びに過ぎなかった。電車の中で私が抱き続けて来た一種異様な鬼胎観念は、やはり意外千万な意味で物の美事に的中していたのであった。
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)