“しんぱえ”の漢字の書き方と例文
語句割合
心配100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
エはア是まで道楽ウぶって種々心配させたけんど、汝が殿さまの為に苦労したお蔭で、侍分にお取立になれば親を引取って坐布団の上で楽をさせべえと
さまが心配して塩梅が悪く成ったのは此の野郎が二十四の時でごぜえます、アや枕元へうよと云いますから、何だえ老爺さまというと、忰の丈助はがの力にはなんねえ駄目な奴だから