“かしず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
74.7%
7.7%
斉眉7.7%
5.5%
2.2%
1.1%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その翌日から、田山白雲の周囲に、般若を持った一人の美少年がいている。それは申すまでもなく清澄の茂太郎であります。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
容姿れて美しく才気あり万事になりければ、誘工の事てお政ならでは目がかぬとまでにえられ、永年の誘工者、伝告者として衆囚よりかれけるが
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
叔母には下枝、藤とて美しき二人の娘あり。我とは従兄妹同士にていずれも年紀は我よりし。多くの腰元に斉眉かれて、荒き風にも当らぬ花なり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私は介山居士が千年樫の下に草庵を結んでいて、く一人の弟子が私であったなら、どんなにいいだろうと思った。私は薪を拾い、水を汲み、畑を耕すだろう。
西隣塾記 (新字新仮名) / 小山清(著)
伝え聞く、摩耶山忉利天王寺夫人堂の御像は、そのの武帝、女人の産に悩む者あるをみ、仏母摩耶夫人の影像を造りて大功徳をしけるを、空海上人入唐の時、我が朝にき帰りしものとよ。
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あの傷々しい、骸骨のようにせた老翁が、たま/\若い美しい妻をち得て、後生大事にその人にき、それに満足しきっているらしい様子を見ては
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
たとい夫の左大臣は亡くなられても、矢張母は自分などの手の届かない雲の上の人、高貴の家の後室として多くの人にかれつゝ、立派な居館の玉簾の奥に朝夕を過しているものと想像された。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
けれど、わたしを真の子のように可愛がって下された王允様は、行く末は必ず、凜々しい英傑の士を選んでけてやるぞ——といつも仰っしゃって下さいました。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)