“あらし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アラシ
語句割合
暴風雨37.7%
37.7%
暴風18.2%
風雨3.6%
暴雨0.6%
颱風0.6%
颶風0.3%
疾風0.3%
大暴風0.3%
暴雨風0.3%
雪嵐0.3%
飄風0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「特別の場合を除いてはね。……だが今日のような暴風雨の日には煖炉もいいね。雨音をききながら火を見てるなあいいものだよ。」
球突場の一隅 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
を免れて港に入りし船のごとく、つ早瀬の水が、かなる岩間のみに、余裕を示すがごとく、二人はここに一夕の余裕を得た。
春の潮 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
法隆寺にゐる北畠男爵などはその一で、暴風のやうなあの人一流の法螺は一寸困り物だが、夏帽だけはパナマの良いのを着けてゐる。
それが風雨のために迷い出したので、鱗はなにかほかの魚のものであろうと説明する者もあった。いずれにしても、彼がゆくえ不明になったのは事実である。
異妖編 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「ば、馬鹿な事を! ワッハッハッ! それこそ凡夫の似非仁義、云うて行われぬ坊主談義、勇士の聴くべき話ではないわい! た、白痴た事を! ワッハッハッ!」と、暴雨のように笑い退ける。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
颱風過ぎいたも冷えたるになにか蛙の時ならず鳴く
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
わたしは颶風にほぐれるを片手にへて
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
海の颶風は遠慮無し
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
滅びもはてぬ死の疾風
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
なる疾風行方いづこ
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
トタンにたまらない鬼気にゾクゾクと襲われかかったが、これは大暴風のアトの空腹と、疲労でヒョロヒョロになっていた神経が感じた幻覚だったかも知れない。
幽霊と推進機 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あの曲馬団の暴雨風の夜の最初の接吻! それは黒吉がまだの時であった……。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
グラン・プラトーと呼ばれる地点まで来た時、突然物凄い雪嵐が一行を襲い、進むことも退くことも出来なくなって了った。
可愛い山 (新字新仮名) / 石川欣一(著)
飄風空より落ち、雲うち亂れ
独絃哀歌 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)