“つむじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
旋風56.4%
旋毛35.1%
2.1%
颶風2.1%
十字1.1%
1.1%
疾風1.1%
颷風1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千葉が亡くなつた事は、留学生の仲間には旋風のやうに伝はつて往つたが、肝腎の孔雀女にだけは誰一人知らさうとする者が無かつた。
鄔陀夷曰く姑の過ちでない、彼の両乳の間および隠密処に黒黶と赤黶と旋毛、この三の暴悪相があるからだと教えを受けて去った。
ことに今夜、げたぞと言わんばかりに、こうしてやって来たのが、今いった政府の文書課長。自分は浪人言わば失業者の大将みたいなものだから、はじめッから少々っている。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
火燄も螺線になッて燃えるのだが凡眼では見えないのサ。風は年中螺旋に吹てるのサ。小サイ奴が颶風だよ。だから颶風なぞは恐ろしいものではない。
ねじくり博士 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
長崎よりかへりてみれば銀座十字に牛は通らずなりにけるかも
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
風は時々一定の方向を失つて風になるらしい。一時に同じやうな力で表と裏に迫つて來る。雨はどうかと耳を澄ましたが、風にまじつて、それらしい物音は聞えなかつた。
続生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
足で種を取るから「足の勇」と言われる位の男で、用事がありさえすれば夜中だろうが朝だろうが、疾風のように飛出すのが、この男の身上だったのです。
流行作家の死 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
声援として折々には両軍どッち側からも、わあああ、という喊声だけは颷風のように巻きあがる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)