“關係上”の読み方と例文
読み方割合
くわんけいじやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
らしく出京したからは別段學資世話けない所爲か、自分いては叔父しい相談んでなかつた。從兄弟安之助とは今迄關係上大變かつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
『四とする』ほどの心持もない。國語風俗人種との關係上世界らゆる國民らゆる人種して、『一視同仁』といふほどの、しみをるとはへない。
わが固有風俗として家名尊重する關係上當然苗字にしにし、苗字とを連合して一つの固有名づくり、これを個人名稱としたので、苗字にするといふことに
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)