“月目”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つきめ50.0%
げつめ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これですっかり安心して、しそうにしているうちに、九ぎて、十月目になって、のようにく、のように小児みました。
月目ぎると、杜松く、づいてましたが、はただとしてました。七になると、杜松して、しきりにべました。
不時天變が無ければ、より二年月目から三度目記元節ふるには、試運轉式擧行し、引續いて本島出發して、かしき芙蓉出來ませう。