“年内”の読み方と例文
読み方割合
ねんない100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
篁村翁読売新聞軽妙短編に書いてました、其等を見て山田く話をした事ですが、此分なら一二年内には此方も打つて出て一合戦して見やう
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
正式通知ないので、何時つたか、宗助らなかつたが、たゞ折々佐伯つては、いて小六じてのみ、年内げる新夫婦豫想した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
アツといつて、むつくとき、外套から、硝子戸へひつたりとをつけた。——だと、暗夜も、朦朧として孤家いてえる。……つおばしても、年内御重寶
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)