“峰裏”の読み方と例文
読み方割合
みねうら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に、ゆる火先宿さぬ。が、南天れたやうに、ちら/\とるのは、が、峰裏夕日げたのである。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
辿大良峰裏は——此方ほどのなきにかゝはらず、巨濤眞黒つて、怨靈鍬形差覗いてはえるやうな電光つた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
渡掛けた橋の下は、深さ千仭渓河で、まり畳まり、犇々蔽累なつた濃い霧を、深くいて、……峰裏の樹立をる月の光が、真蒼に、一条霧に映つて、底から銀鱗の竜の
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)