“國元”の読み方と例文
新字:国元
読み方割合
くにもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
加ゆると雖も勿々用ひる面色もなく言ば言程猶々りて多分の金子をるにより忠兵衞も持餘せし故國元へ歸りて母親へ右の段を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
時分には丁度正月るので、一先國元つて、して、かららしい反物脊負へる脊負つてるのだとつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
國元からさんをんで此處で二介抱をさせたのだけれど、ひにはやら無我無中になつて、してもない、はゞ狂死をしたのだね、れを
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)