“わだかま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.0%
1.0%
0.5%
盤居0.5%
0.5%
蟠屈0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或は木曾駒の金懸の小屋又は甲斐駒の屏風岩の小屋から上に露出しているような、恐ろしく大きな一枚岩のりも少ないようである。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
つまんでぬけばすぽっとぬけて、しかも一種のしいを放つ草もある。此辺で鹹草と云う、ぶとりして、頑固らしくって居ても、根は案外浅くして、一挙手に亡ぼさるゝ草もある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
白鞭を以て地を築いてと成す、虫を中に置き、その上に沃盥す、少頃蠕々長きがごとし、竅中泉湧き、倏忽自ずからる、一席のごとく黒気あり香煙のごとし、ただちに簷外に出で
其壁して、桑樹老木り、つたには幾百年つか、として日影つて樫樹盤居つてます。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
思惟と感情の異様なり、粘っこさを文体にまで反映して、若き世代の文学が当面している社会的・文学的重圧の大きさを思わしめるものが多かったのである。
今日の文学の展望 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
悪い請求をさへすらりと聴て呉れし上、胸に蟠屈りなく淡然平日のごとく仕做されては、清吉却つて心羞かしく、やら魂魄の底の方がむづ痒いやうに覚えられ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)