“みあぐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
瞰上25.0%
25.0%
見上25.0%
見挙25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
瞰上みあぐれば我が頭の上には、高さ幾丈の絶壁が峭立きったっていて、そこはの虎ヶ窟なることを思いあたった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
岩の蔭から瞰上みあぐれば、日はすでに高く昇ったらしい。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
秘術を尽してぎたりしが、また一時ひときり暴増あれまさる風の下に、みあぐるばかりの高浪たかなみ立ちて
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
葡萄の棚より露重げに垂れ下る葡萄を見上みあぐれば小暗おぐらき葉越しの光にそのふさの一粒一粒は切子硝子きりこガラスたまにも似たるを、秋風のややともすればゆらゆらとゆり動すさま、風前の牡丹花にもまさりて危くいたましくまたやさしき限りなり。
葡萄棚 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
まづおどろかさるる異形いぎよう屏風巌びようぶいは、地を抜く何百じよう見挙みあぐる絶頂には、はらはら松もあやふ立竦たちすく
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)