“高浪”の読み方と例文
読み方割合
たかなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
10 これにわが法度を定め及び門を設けて、11 くここまでは来るべし、ここを越ゆべからず、高浪ここにまるべしと。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
舳櫓を押せる船子てず、がず、舞上げ、舞下の呼吸をりて、浮きつ沈みつ、秘術を尽してぎたりしが、また一時暴増る風の下に、るばかりの高浪立ちて
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
砂地石地の始めから稲作に適せぬ地域が広い上に、たまたま水田にき得た場合にも、僅かな例外を除いては、嵐や高浪などの外部の障害に対して、自衛の道が立てにくかった。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)