“ほこら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ホコラ
語句割合
93.5%
2.8%
小祠0.9%
祠堂0.9%
叢祠0.5%
淫祠0.5%
禿倉0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふと、お袖の見たあいての女性も、の横の大きな木の幹に、半ば、すがたを隠して、じっと、射るような眼をしているのであった。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おわさないでなんとしょう。了海様は、このの主も同様な方じゃ。はははは」と、石工は心なげに笑った。
恩讐の彼方に (新字新仮名) / 菊池寛(著)
歩んで来た白衣の人は、しばらく、弁財天の小祠の傍に棒のように突立っていました。
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
暇乞いのめに竜神さんの祠堂って合掌瞑目したのはホンの一瞬間、さてけると、もうそこはすでに修行場でもでもなく、一大海原にした
金石街道の並木にあります叢祠なぞは、この女神が、真夏の月夜に、近いあたりの瓜畠——甜瓜のです——露の畠へ、十七ばかりの綺麗な娘で涼みに出なすった。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
空地の中央には何んとかいう小さな淫祠ってあるが、その後の闇の中へお由の屍体を下して、二人は初めてほっとした。
白蛇の死 (新字新仮名) / 海野十三(著)
近世、江戸牛天神の社のほとりに貧乏神の禿倉有けり。こは何某とかいいし御家人の、窮してせんかたなきままに、祭れるなりといい伝う。さるを何ものの所為にやありけん。その神体を
貧乏神物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
其光榮にひて嶺上高く坐をしめて
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)