“ぢゆうばこ”の漢字の書き方と例文
語句割合
重箱100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれ老人としより先立さきだつて自分じぶんうち重箱ぢゆうばこつてぽさ/\とかへつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
午後ごごから村落むらのどのいへからも風呂敷包ふろしきづゝみめしつぎや重箱ぢゆうばこれうはこばれた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)