“しでう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
四条66.7%
四條33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
七条の停車場も今より小さかつたし、烏丸だの四条だのがずつと今よりかつた。
一番気乗のする時 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
自分は大へんな所へ来たと思つたから、こんな田舎ぢやないよ、横町を二つばかり曲ると、四条大橋へ出る所なんだと説明した。すると車夫がれた顔をして、ここも四条の近所どすがなと云つた。
京都日記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
二人毎晩三條とか四條とかいふやかないた。によると京極けた。眞中つて鴨川めた。東山かなた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
學友誰彼萬遍なく安井動靜いてた。るものはなかつた。たゞ一人が、昨夕四條人込で、安井によく浴衣がけのたとへたがあつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)