“業々:げふ/\” の例文
“業々:げふ/\”を含む作品の著者(上位)作品数
三文字屋金平1
内田魯庵1
薄田泣菫1
長塚節1
ウィリアム・シェークスピア1
“業々:げふ/\”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 戯曲16.7%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かれ業々げふ/\しい自分じぶん扮裝いでたちぢて躊躇ちうちよしつゝ案内あんないうた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ようござるか? この早急さっきふ異議いぎはござらぬか? 業々げふ/\しうはすまい、ほんのちかしいやから兩名りゃうめい、はて
先日こなひだもボストンの市街まちを大勢の軍隊が業々げふ/\しく練り歩いた。
ゾオラが偶々たま/\醜悪しうあくのまゝをうつせば青筋あをすじ出して不道徳ふだうとく文書ぶんしよなりとのゝしわめく事さりとは野暮やぼあまりに業々げふ/\しき振舞ふるまひなり。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)