“げふ/\”の漢字の書き方と例文
語句割合
業々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれ業々げふ/\しい自分じぶん扮裝いでたちぢて躊躇ちうちよしつゝ案内あんないうた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ようござるか? この早急さっきふ異議いぎはござらぬか? 業々げふ/\しうはすまい、ほんのちかしいやから兩名りゃうめい、はて