“業刀”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わざもの100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“業刀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大きな業刀わざもののぬりざやが陽をね返し、銀狐ぎんこの尾のように光って見えた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
無論業刀わざものさきである、はッと思うと二の太刀が動いたらしく、途端に、多市は夢中になって天満の川波めがけてザブンと躍り込んでしまった。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)