“大業刀”の読み方と例文
読み方割合
おおわざもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それかといって特に刀に奇をったふうもないし、慶長ばやりの胴田貫だとか厚重だとかいう、いわゆる強刀大業刀らしい物を用いなかったことがわかる。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見るからに眼もみそうな大業刀である。次郎右衛門忠明は、そのまえに立って、鉄扇をさし向けると
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「残念だが、何分、彼奴が物干竿とんでいるあの大業刀には、どうしても、刃が立たんのだ」
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)