“大薙刀”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおなぎなた88.9%
おほなぎなた11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大薙刀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
云いすてるや否、長政は大薙刀おおなぎなたって、える闇夜の外へ、駈けだして行った。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その途中でも、大薙刀おおなぎなたをかいこんだ武装の僧にいくたびも誰何すいかされたが、幸いに、少年の阿新丸を連れていたので、さしたる難も見ずに通された。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山男がこの日ので立ちは、水牛のかぶとに南蛮鉄のよろひ着下きおろいて、刃渡り七尺の大薙刀おほなぎなたみじかにおつとつたれば、さながら城の天主に魂が宿つて、大地も狭しと揺ぎいだいた如くでおぢやる。
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)