“大太刀”の読み方と例文
読み方割合
おおだち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おりから、望楼の上へ、かけあがってきたのは、又八であった。黒皮胴具足大太刀を横たえ、いかにも、ものものしいいでたちだ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがて賊にふんした団長が、銀紙をはったキラキラした大太刀をひっつかんで出てきました。
正坊とクロ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
素襖をきて大太刀をはいた姿——あれに魂がはいって揚幕から花道にゆるぎ出た時、さらに花道の七三に坐って、例の“東夷西戎南蛮北狄”の長台詞を朗々たる名調子で淀みなくつらねた時
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)