“其音”の読み方と例文
読み方割合
そのおと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神楽坂へかゝると、ある商店で大きな蓄音器を吹かしてゐた。其音が甚しく金属性の刺激を帯びてゐて、大いに代助のへた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
不知しものはじめなり、洋燈をさすいた夕暮模樣では、今夜眞晝月夜でなければならないがと其音えずえる。
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
うち段々片寄つて、世界三分するつてた。毎日いた。其音いてゐるでも、生活陰氣へた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)