“ぼうてい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
眸底66.7%
某邸33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほかの部分は夜目よめでよく見えんのに、顔だけが著るしく強い色をして判然眸底ぼうていに落つるからである。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もう今はあの影のようなものも、二度と眸底ぼうていは横ぎらない。
首が落ちた話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
雨戸あまどつて、裏窓うらまどをあけると、裏手うらて某邸ぼうていひろ地尻ぢじりから
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「づか/\にはからはひりますとね、それ、あのぢいさん。」といふ、某邸ぼうてい代理だいり夜番よばんて、ゐねむりをしい/\
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)