“ほかげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
灯影47.0%
火影42.5%
燈影6.5%
帆影1.6%
火光0.8%
火燈0.4%
火陰0.4%
灯蔭0.4%
灯陰0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とのしでも隙間出来るとるといてゐるものがすぐ其跡割込んで河水れと、それに灯影めるのである。
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
すっかり目がさめて、じっと目を据えると、窓越しにすぐ前の壁の上に、燈火のついたどこかの窓の赤い火影がさしてるのを認めた。
こうして三人を乗せたところの、燈影の暗い屋形船が、一ツ目橋のほうへそれようとした時に、一つの意外な珍事が起こった。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
河畔の木陰にテントを張ってはるかに浜辺をみわたせば、水波びょうびょうとして天に接し、眼界の及ぶかぎり一片の帆影も見えぬ、遠い波は青螺のごとくおだやかに
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
火光がちらつくし焚火の煙もその方角へ靡いているので、一度に一人一人の見別けはつかないが、もじゃもじゃした帽子だの白い頬髯だの、青いシャツだの肩から膝へ掛けた襤褸だの
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
に横に倒れて、天井に円く映る洋燈火燈を目守めながら、莞爾片頬微笑を含んだが、た口が結ばって前歯が姿を隠すに連れ、何処からともなくまたの色が顔にわれて参ッた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
月光はおぼろげな火陰めかした
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
「ムー」と呻いて仆れるのを板戸をあけてポンと蹴込みそのまま廊下を灯蔭灯蔭と表の方へ走って行く。……
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
楽屋を抜け出した小次郎は、夜の西丸の大廊下を、なるだけ人に見付けられぬよう灯陰灯陰と身を寄せて、素早く奥へ走って行った。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)