“灯陰”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほかげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“灯陰”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
楽屋を抜け出した小次郎は、夜の西丸の大廊下を、なるだけ人に見付けられぬよう灯陰ほかげ灯陰と身を寄せて、素早く奥へ走って行った。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)