“はるか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハルカ
語句割合
63.5%
28.1%
3.0%
1.3%
1.3%
1.0%
0.7%
0.3%
迢々0.3%
遼遠0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊に歳暮の夜景の如き橋上を往来する車のは沿岸の燈火と相乱れて徹宵水の上にき動く有様銀座街頭の燈火よりに美麗である。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
それで、予科三年修了者と、その頃の中学卒業生とを比べて見ると、実際は予科の方が同じ普通学でもに進んでいたように思われた。
私の経過した学生時代 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼も境遇次第にては、たとひシエクスピイヤには及ばずとするも、我國の淨瑠璃作者にて終らむよりはに優りたる位地に上りぬらむ。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
しかしその健脚はわたくしのではなかった。にわたくしにった済勝の具を有していた。抽斎はわたくしのためには畏敬すべき人である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
(無音にて機を織る。——の屋外にて、堅き城門の開く音す。女子は機の手をめて耳を澄ます。その音尚かすかに響き来る)
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それなら、此方で思つてゐることが先方へ通らなかつたら、餒いのに御飯を食べないのよりかに辛うございますよ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
なる心を持てるものは、遐なる国をこそ慕え。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この学術とこの位置とを与へて恩と為ざりしは誰なるべき。外にこれを求むる能はず、重ねてこれを得べからざる父と母とは、相携へてに隔つる世の人となりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
苦桃太郎迢々の虚空より
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
水漂草の譬喩に異ならず、いよ/\心を励まして、遼遠なる巌のに独り居て人め思はず物おもはゞやと、数旬北山の庵に行ひすませし後、飄然と身を起し、加茂明神に御暇して仁安三年秋の初め
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)