“あまたたび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
夥度16.7%
幾数回16.7%
数多16.7%
数度16.7%
数次16.7%
頻回16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
力瘤ちからこぶを叩けば、得三は夥度あまたたびこうべを振り、「うんや、汝には対手が過ぎるわ。敏捷すばしこい事ア狐の様で、どうして喰える代物じゃねえ。しかしすきがあったら殺害やッつけッちまえ。」
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
佐分利は幾数回あまたたびうなづきて、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
盲人めしい数多あまたたびかれの足下に叩頭ぬかづきたり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ト、数度あまたたび嘆賞するに。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
「こはきことを聞き得たり」ト、数度あまたたび喜び聞え、なほ四方山よもやまの物語に、時刻を移しけるほどに、日も山端やまのはかたぶきて、ねぐらに騒ぐ群烏むらがらすの、声かしましく聞えしかば。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
車夫は数次あまたたびこしかがめて主人の後方うしろより進出すすみいでけるが、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
あけに染みたる白刃しらはをば貫一が手に持添へつつ、宮はその可懐なつかしこぶし頻回あまたたび頬擦ほほずりしたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
彼は帰り来らざるなるか、帰り得ざるなるか、帰らざるなるかなど、又思放おもひはなつ能はずして、貫一は寝苦ねぐるしき枕を頻回あまたたびへたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)