“承応”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうおう50.0%
しょうおう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世潮はとうとうと華奢淫逸へながれてゆくのを見ながら、承応万治延宝などのあいだは、一般にただ懐疑的であったといえる。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
原来疱瘡を治療する法は、久しく我国には行われずにいた。病が少しく重くなると、尋常の医家は手をねて傍看した。そこへ承応二年に戴曼公が支那から渡って来て、不治の病をし始めた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
承応巳年八月十一日の黄昏のことであった。与右衛門夫婦は畑から帰っていた。二人はその日朝からいていた豆を数多背負っていた。
累物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
次に起りし美少年の若衆歌舞伎もまた男色の故を以て承応元年に禁止せられて野郎歌舞伎となりぬ。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)