“快哉:くわいさい” の例文
“快哉:くわいさい”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
シャーロット・ブロンテ1
ハンス・クリスチャン・アンデルセン1
押川春浪1
“快哉:くわいさい”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
轟大尉とゞろきたいゐ双手さうしゆげて快哉くわいさいさけんだ。濱島武文はまじまたけぶみうでをさすつて
ポツジヨの興は風浪の高きに從ひて高く、掌をちて哄笑し、海に對して快哉くわいさいを連呼せり。
きみたん快哉くわいさいさけんだのみ、わたくしいつ希望きぼうとして、ふかむねそこひそめてつたが
人は自分が財産を得たと聞いて飛び上りねまはり快哉くわいさいを叫びはしない。
むしろ集めたいと云ふ気持に余り快哉くわいさいを感ぜぬのである。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)