“假定”の読み方と例文
新字:仮定
読み方割合
かてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太陽引力によつてわが地球けるひづみの分量は、地球全體鋼鐵出來てゐると假定した場合三分しかないのである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
りに貴方眞實として、警察からされたで、貴方へやうとしてゐるものと假定しませう。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
へば、それがの九であつたと假定して、丁度其時稽古める、時々何時になつたかとつてる、時計つてく!一時半晝食
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)