“五錢”の読み方と例文
読み方割合
ごせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のまゝだと、もう一音信料金を、とふのであつた。たしか、市内一音信五錢で、局待ともで、十錢よりつてなかつた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
るや可惜若木におくれてぬべきたるものゝ手内職五錢六錢露命をつなぐはあらじをしのことよとねるに澆季とはくものゝ陰徳者なきならで此薄命
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
紅葉先生辭句修正したものは、らく文壇一人であらう。そのかはりるほどにられた。——五錢ぐらゐ、自分小遣ひがあつたらうと、串戲をおつしやい。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)