“串戲”の読み方と例文
新字:串戯
読み方割合
じようだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
串戲ぢやない。けりや、だつて衣服いや。いくらしいだつてがついてら、をつけねえか。」と、けぐめをはす。
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ましてや此大島田に折ふしは時好の花簪さしひらめかしてお客を捉らへて串戲いふ處を聞かば子心には悲しくも思ふべし、去年あひたる時今は駒形の蝋燭やに奉公して居まする
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
串戲はよして貰はう。私は本氣になつてるんだ。」
計画 (旧字旧仮名) / 平出修(著)