“串本”の読み方と例文
読み方割合
くしもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
をツバクロまたはツバクラというだけでも一つの有力な証拠であるが、紀州の串本では鶺鴒をチンチクロ、鹿児島県の一部では
すると、新宮串本のあいだの海岸に、森戸崎というみさきがあるのです。この文句の『もりとざき』にあたるわけですね。
怪奇四十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
紀州には御坊串本勝浦などの町々がありますが、大体漁業を専らとする地方は海の生活が主なためか、手仕事の発達は著しくありません。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)