“三疊”の読み方と例文
新字:三畳
読み方割合
さんでふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
驚破へば、駈出すばかりに、障子ばあけたまゝで。……三疊に、提灯つた、ついは、きなのやうにい。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
一度つて、神棚と、せめて、一間だけもと、玄關三疊つた家内が、野天逃戻つた。たちばかりでない。——もう自棄つた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
敷合三疊丁度座布團とともに、そのだけ、ばさ/\のになつて、うづたかくなつた。だらけ、びたしのつて、きつける雪風不安さに、勇氣はない。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)