“雪風”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆきかぜ75.0%
せっぷう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雪風に熱い頬を吹かせながら、お葉は心地庭前を眺めていると、松の樹の下に何だか白い物の蹲踞んでいるのを不図見付けた。どうやら人のようである。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
敷合三疊丁度座布團とともに、そのだけ、ばさ/\のになつて、うづたかくなつた。だらけ、びたしのつて、きつける雪風不安さに、勇氣はない。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
前隊の将士は、泣かんばかりな顔を揃えて、雪風の中から答えた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)