“つまびらか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツマビラカ
語句割合
68.6%
28.6%
詳密1.0%
詳悉1.0%
詳細1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
魚沼郡の内にて雪頽非命をなしたる事、其村の人のはなしをこゝにす。しかれども人の不祥なれば人名にせず。
その「仏店」の所在をいまわたしはにしないが、何としてもそのあたり、あくまで東叡山寛永寺の支配をうけた、暗い、沈んだ
上野界隈 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
さて秘密如何なるにや、はたゞつて、詳密なるは、明日秘密められたる塲所て、實物て、明白さるゝとの其儘寢床つたが
の柱のに在りて帽をりたりしは、荒尾がの如く、四年の生死詳悉にせざりし間貫一にぞありける。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
話の間だがちょッとここで忍藻の性質や身の上がやや詳細に述べられなくてはならない。実に忍藻はこの老女の実子で、父親は秩父民部とて前回武蔵野を旅行していた旅人の中の年を取った方だ。
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)