“きっと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
屹度85.1%
必然4.1%
急度3.6%
必定2.7%
吃度2.7%
一定0.5%
決定0.5%
厳然0.5%
断乎0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
から、其頃誰かが面と向って私に然うと注意したら、私は屹度、失敬な、惚なんぞするものか、と真紅になってったに違いない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「ああ、妾が必然連れて来て見せるから、温順くして待ってお。え、それでもかえ。ねえ、お葉さん、確乎返事をおよ。」
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
精米所の主人は、月に一度くらいは急度蠣殻町の方へ出て来るのであったが、その時は上さんと子供をつれて来ていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「ええ、ええ。そりゃあ必定、お喜びになりますわ。先生の事も二、三度お話の中に出て来たように思いますわ。臼杵君はトテモ面白い学生だったって、そう仰言ってね」
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
たとえそれは泥がついていなくとも、リノリュームのかなんかがきっと表面に付着するだろう。それを反射光線を使い顕微鏡で拡大すれば吃度足跡が出るに違いない。
階段 (新字新仮名) / 海野十三(著)
カピ妻 一定ってやります。懸念にはばぬ。すれば、最早きゃんな。
なア、のは一定ナイチンゲールであらうぞ。
何卒御構いなく御話し下さいませ。決定女王様の御心の迷いを晴らして、悪魔を退治て差し上げましょう
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
貴女はこれから真直に北の方へ、どこまでも歩いてお出でなさい。そうすれば決定そこで貴女の御両親にお会いなさるでしょう。左様なら。御機嫌よう。可愛い、可愛い濃紅姫
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
金椎でもなければ、この室を驚かす者はないはずのところを、それも外から窓を押破って入ろうとする気配は、穏かでないから、駒井も、厳然、その方を眺めると、意外にも窓を押す手は白い手で
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
断乎して繰りかえした。
少年・春 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)