“吃度”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きっと66.7%
きつと33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“吃度”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟1.5%
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 食品 料理0.7%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
扉を破って入ったときに、室内に圧力の高い瓦斯と空気が充満していたものだったら、私は吃度きっと強く吹きとばされた筈です。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それを反射光線を使い顕微鏡で拡大すれば吃度きっと足跡が出るに違いない。
階段 (新字新仮名) / 海野十三(著)
姉樣ねえさま御覽ごらんにならば吃度きつときならん、大姉樣おほねえさま上野うへののも淺草あさくさのも方々はう/″\のを幾度いくどしに
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ほんとにおぶうならかへりに吃度きつとよつておれよ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)