“吃者”の読み方と例文
読み方割合
どもり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
墳墓のうちに持ってゆく。著名なる唖者や吃者の仲間の一人たる、ジォフロア・サン・ティレールが言ったとおりである。
まるで吃者のようにしか物の言えなかった人が、可哀そうなほど日蔭者の自制と遠慮とに慣らされて来たような人が、どうかして早く自由に思うように話したいと言っていた人が
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
オットーは偽瞞家でも虚構家でもなかったが、あたかも吃者が言葉を発するのに困難を感ずるように、真実を言うのに天性的の困難を感じていた。