“おやしき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御邸85.7%
御屋敷14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生憎あいにくただ今爺が御邸おやしきへまいっていてはっきり分りませんが——賄は一々指図していただくことにしませんと……」
明るい海浜 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
小川町辺をがはまちへん御邸おやしきまへ通行つうかうすると、御門ごもん潜戸くゞりど西にしうち貼札はりふださがつてあつて
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
旧藩主は町の一部に、別の御屋敷おやしきをもって、一年の半ばは其処に住んでおられた。
簪を挿した蛇 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)