“御邸”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おやしき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御邸”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
生憎あいにくただ今爺が御邸おやしきへまいっていてはっきり分りませんが——賄は一々指図していただくことにしませんと……」
明るい海浜 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「おかしいなア、それじゃ本田蓼白や、伊東参龍を殺したのも御邸おやしきの者じゃないとおっしゃるんですね」