“あさま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
浅間63.4%
浅猿18.3%
淺間6.1%
朝間4.6%
淺猿3.8%
朝熊3.1%
憫然0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、鉄さん自身が浅間しい姿で、地虫のように台所口につくばった時、祖母は決してゆるさなかった。同情の安売りはしなかった。
しかし君、いくら窮境に陥つたからと言つて、金を目的に結婚する気に成るなんて——あんまり根性が見えいて浅猿しいぢやないか。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
あの家の者はみんな嫌ひなのに、あの男だけは私にも憎めない。彼は弱々しい心にもいくらか愛情があつた、あの淺間しい妹に始終氣を附けて世話を
現身は生きて朝間ぞすずしけれ愚かなりけり死にてむなしさ
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
れば惡は惡にぶる事誠に是非もなき次第なり主人五兵衞は其人を知らず己のまゝになせしゆゑ遂には家の滅亡を招くと淺猿しき事にこそ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
南の方には伊勢湾が開けて、その向うに朝熊が高くなつて見えてゐる。伊良湖の鼻と神島と相対してゐる形もよく見える。
知多の野間で (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
マーキュ かれた干物といふ面附ぢゃ。おゝ、にしは、にしは、てもまア憫然しい魚類とはなられたな! こりゃ最早ペトラークが得意戀歌をおともござらう。