“見過”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みすご75.0%
みあやま25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“見過”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
うでもけられぬもんきわにさりとも見過みすごしがたき難義なんぎをさま/″\の思案しあんつくして
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
れど今回の分娩ぶんべんは両親に報じやらざりし事なれば今更にそれぞとも言ひ分けがたく、殊には母上の病気とあるに、いか余所よそにやは見過みすごすべき
母となる (新字旧仮名) / 福田英子(著)
唯、妻が自己おのれ周囲まわり見過みあやまらないで、従順すなおに働いてくれさえすればそれで可い、こう思った。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)