“蝋梅”の読み方と例文
読み方割合
ろうばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一二月のような小枝に、黄色けたり、また蝋梅のようにもっとりたかくるものもあります。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
「お床間が淋しくはないかと存じまして、ちょうど蝋梅が咲きはじめましたので、持ってあがりました——」
いさましい話 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
正月二日は父の忌辰である。或年の除夜翌朝父の墓前に捧ぐべき蝋梅の枝をろうとわたしは寒月皎々たる深夜の庭に立った。その時もわたしはにこの事を筆にする気力があった。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)